一時期物欲が凄くお金が追いつかない時期がありました

今は物欲が落ち着いているのですが、昔物欲がものすごくあり毎日のように通販で何かしら購入している時期がありました。

月収手取りとしては十五万円くらいだったのですが、毎月の出費も大体同じくらいで最低でもカードの支払いは平均して十万円を超えていました。

何とかしてやりくりいていたのですが、どうしても欲しいものがあり、しかもそれはオークションでしか購入できないものでした。

「今しか買えない。出品しなくなったら手に入らないではないか」と急いてしまい、貯金もお金もないにかかわらず落札してしまいました。

オークションはカード支払いがOKのものでしたので、まずカード引き落としを選択し、そこから今後の対応を考えました。

貯金がないから支払いできない、ではどうするか、カードにはリボ払いがあるじゃないかと気づいたのです。

お金が欲しいならカードローン

ネットから簡単にリボ払いに変更できるので、正直借金をしている感覚がありませんでした。

年利も見てはいたのですが、それが総額でどれだけ払うことになるのかもあまり理解していませんでした。

しかし何にせよこれでお金が調達でき、自分の欲しかったものが買えたのでそれで満足でした。

要はリボ払いの間無駄遣いしないで自制して暮らせばいいのです。

どうしても欲しいものがあり、しかもそれが今後手に入るかどうか分からないものの場合はリボ払いにしたりお金をどこかから借りてくる、というのもひとつの手段だと思います。

欲しいものがなくなってからでは遅いですから。

予想外の出費でも持つべきものは友人

ネットでお金を借りたいけど初心者でも大丈夫ですか?
3年前に当時の彼女が妊娠して、急ぎで結婚することになりました。
当時まったく貯蓄がなかった私は、式の費用がなくて非常に困り、お金を借りようと決意しました。
最初は、銀行や消費者金融に借りようかとも思いましたが、金利の問題や手続きの煩雑さが気になり、金融機関で借りることを断念しました。
そこで思いついたのが、複数の友人から少しずつ借りるという方法です。
一人の友人に何十万も借りることは現実的に厳しいですが、数十人の友人に数万円ずつ借りるのは可能だと考えました。
幸いにも友人関係に恵まれていた私は、当時勤めていた会社の同僚や、参加していたサークルの仲間など約50人ほどに3万円程度借りることができて、100万円以上借りることができました。
金融機関で100万円借りるというのは非常に気が引けるのですが、今回は借りた相手が友人で、おめでたい事だと言ってもらえたので、なかばご祝儀の前借りという感覚でした。
その後、数年かけて借金も無事返済できました。
このときは持つべきものは友人だと深く感謝しました。

お金が急に必要になった場合は親に借りるつもりです。

私の場合、持病をかかえていることもあり、いつ入院するかもわからない状況にあります。ですが、生命保険に加入していないため、入院費などの支払いを貯金から行わなければいけません。ですが、実際に入院したら、長引くこともあるため、どれぐらいの費用がかかるかもわかりません。高額になることも多々あります。そういった場合には、確実にお金が足らなくなります。

そういった明日までにお金が必要に時には、まず、両親に相談しようと思っています。今現在、両親は健在であるので、なんとか工面してもらえるのではと考えています。ですが、その両親も高齢であるため、いつ何が起こるかわかりません。もし、頼れる親がいなくなった場合は、兄弟や親族に頼もうと考えています。

最近は、キャッシングサービスがネットで簡単に申し込めたり、気軽に利用できるようになってきていますが、借りたら利息をつけて返さなければいけません。借りた金額よりも確実に返さないといけなくなるのです。

その点、親兄弟なら利息を付けることはないと思われるので、借りた額のみを返えせばいいので助かります。

親友の結婚式へ包むお金がない。お金を借りるしかない。

私は今現在お金を借りようかどうか迷っています。

音楽関係の仕事をしていて、給料は本当に安いです。

仕事先は福利厚生がしっかりとしておらず、国民健康保険に、国民年金を自分で払っています。

それに加え市民税などの税金も払わなければなりません。

大学を卒業しているのですが、奨学金を借りて通っていたので、それの返済もしなければなりません。

実家に住んでいますので実家にもお金を入れています。

これだけで給料のほとんどを持っていかれて、残りは職場の付き合いや友人との付き合いでなくなっていき、貯金はゼロ円です。

そんな中、友人から結婚式の招待状がきました。高校時代の親友です。

3年間ずっと同じクラスで、部活も一緒の吹奏楽部でした。

是非行きたいのですが、包むお金がないのです。

結婚式は2ヶ月後に行われます。

まだ友人に参加か不参加かの連絡をしていません。

どうしたら良いのか考えました。

行くのであれば5万は包みたいと考えています。

2か月後までに5万をためるのは現実的ではありません。

もうお金を借りるしかありません。

両親からお金を借りることを考えましたが、実家はあまり裕福ではありません。

友人から借りようかとも思いましたが、お金を借りると友情関係が崩れるという話をよく聞きますのでそれが懸念材料となります。

カードローンなどは利子も発生しますし、なんとなく怖いです。

でも今はカードローンから5万円借りようかと思っています。

おそらく審査は通りますし、ネットで返済シュミレーションをしてみましたが月々4000円くらいの支払いで済みそうです。

それならば現実的に返済をすることができます。

それでもどうしようかなと、悩んでしまいます。

お金の悩みは尽きません。

お金を借りるという事

一般的にお金を借りるという事は、持ち金が足りないと生活に支障をきたすなどの切羽詰まった状態が多いと思います。

私も何時何時までにこれだけのお金が無いと破産してしまう、などの社会的信用に関わる事態になればどこかからお金を一時的に借りる事を考えます。

これとは別に、欲求を満たす為に借りるという方もおられます。車や家を買うのにローンを組むというのもこの部類に入るのではないでしょうか。

手持ちのお金では足りないけれど、月々返済していけるレベルでお金を借りるというのは、大きな買い物をする上で最早当たり前の仕組みと言えるでます。この手のお金を借りるという行為は、健全なものであるので問題はありません。

私の場合は、これらの大きな買い物をする場合でも、ある程度以上のお金を貯めた後に借りる様にしています。
そして足りない分を業者から借りるかも知れません。
生活に切羽詰まってどうしてもお金が必要である場合は、家族に相談して一先ず建て替えてもらうという形をとります。返済の目処が立ちにくいこういった借金は、身内に借りるのが一番です。

女の子らしい部屋着に抵抗があったという友人も…。

先々月は友達の誕生日でした。
遠く離れてしまい、頻繁に会って遊ぶということはなくなりましたが、それでもことあるごとにメールをしたり電話をしたり…以前と変わらず、仲良くしてくれる友達です。

その子は外見はとてもかわいらしいのに、中身はとってもボーイッシュで、服装はズボン一択。
ミニスカートなんて言語道断だっていうんです。
以前一度いっしょに買いものに行ったとき、スカートをすすめてみたら、
「なんか今さらスカートをはいたりするの、ちょっとはずかしいし」
って言っていたんですよね。

それがなんだかずっとひっかかっていて。

誕生日当日はお祝いのメールをしたものの、あわただしくしていてなかなかプレゼントを買いにいく時間がなく……この間、やっとゆっくり選んでくることができました。

私が個人的に大好きなブランドの部屋着なんですが、友達が大学時代に部屋に泊まりに来たときに、
「これ、すごい肌触りいいね!」
って気に入っていたのを覚えていて。

パーカーとズボンのセットですが、淡い色合いとやわらかい手触りで、なんとも女の子らしい雰囲気の部屋着を送りました。
はずかしいから着ないだなんて言われたらどうしよう…という不安もありましたが、すごく喜んでくれたようで。
着用した写メールまで送ってくれて、なんだかとてもうれしかったです。……私も、同じ部屋着ブランドのスパッツを着用した写メールをお返しに送りましたが。(笑)

プレゼントを選ぶ相手が大切であればあるほど、選ぶ時間さえも楽しいものだなぁと思いました。
来年のお誕生日には何をプレゼントしようか、もう今から考えておいても、きっと時間は足りないですね。